PTMCは、専用の機材で歯と歯茎の間の歯周ポケットや、歯の根元の部分に巣くう細菌の集合体「バイオフィルム」を取り除くクリーニングです。バイオフィルムは歯磨きでは取り除くことができず、蓄積されると虫歯や歯周病の原因となります。PTMCはそんなバイオフィルムを除去し、歯の表面をつるつるに磨き上げるので、細菌が付着しにくくなります。

虫歯や歯周病を予防するために、最も重要なのは毎日の歯磨きです。当院では来院時、患者様に歯磨き指導を行い、予防に役立つ正しい歯磨きの方法を提供しています。あわせて、定期検診とPMTCによる歯のクリーニングを実施することで、患者様の「虫歯にならない環境」づくりをしっかりとサポートしていきます。

虫歯や歯周病は、治療後長らく放置すると、再発してしまう恐れがあります。そのため、当院では、3ヵ月に1度、6ヵ月に1度など、患者様の歯の状態に合わせた定期検診を行っています。定期的に口の中の状態をチェックすることで、虫歯の予防や早期発見・早期治療に繋がり、歯の健康を守ることができるのです。

満30歳・35歳・40歳・50歳・60歳・70歳の節目年齢の方を対象に「節目健診」を行っています。歯周病は静かに進行するので、かかり始めの20代~30代の頃は気づかないケースがほとんどです。気づいたときには手遅れ…とならないために、節目健診を受けお口の状態をしっかり把握しましょう。健診を受ける際は、事前予約の上、市から送付される「歯科健診のお知らせ」ハガキを持参してください。

日本人が歯を失う原因の第1位は歯周病、第2位が虫歯です。歯周病は初期段階では自覚症状がなく、気づいたときにはかなり進行してしまっているケースがほとんどです。また、虫歯は進行すると歯の神経が虫歯菌に侵され、最悪の場合抜歯しなければなりません。虫歯や歯周病は、早期発見・早期治療がポイントです。また、再発を防ぐために、口腔内の環境を清潔に整えることも大切です。

口腔外科では、親知らずの抜歯や顎関節症をはじめとした診療を行います。親知らずは歯磨きが不十分になることが多く、将来的に虫歯や歯周病になりやすいため、早めの抜歯が推奨されます。ただし、中には抜歯をしない方が良いケースもあります。 顎関節症は、噛み合わせの異常が原因で起こる病気です。顎関節症を治療する事で、肩こりや頭痛、腰痛などの症状を解消できることもあります。

歯を失ってしまった方が、食事や会話を楽しむためのサポートをするのが入れ歯治療です。 入れ歯と聞くと、「違和感がある」、「見た目が良くない」など、マイナスイメージを抱く人もいるかもしれません。しかし、現在は性能が優れている入れ歯も増えています。治療計画をしっかりと立て、状況・症状に合わせた入れ歯を作成することで、不自由なく生活できるようになります。

乳歯は永久歯に比べて、虫歯になりやすい歯です。まずは、しっかりと虫歯予防を行うことが大切です。また、噛み合わせに異常があると、アゴの成長の障害となります。噛み合わせに不正がある場合は早期治療を、将来不正が出る可能性がある場合は、それを抑制することが大切です。また、子どものうちに治療を始めれば、簡単な装置で治療でき、費用も安く抑えることができます。

妊娠期間中はホルモンバランスが変化して唾液の量が減少、歯に歯垢が付着しやすくなるので、虫歯になりやすい時期です。そのため、出産後に虫歯を発症する方も少なくありません。お母さんの虫歯は「母子感染」に繋がります。生まれてくる赤ちゃんの歯の健康のためにも、安定期を迎えたら歯科検診を受け、できるだけ虫歯を予防しましょう。

歯の保存を目的とした治療を、「歯内療法」といいます。歯内療法では、歯を健康な状態で残すための予防や、病気に感染した歯を根治する治療を行います。そのほか、歯根の病気を外科的に治療したり、抜けた歯や欠けた歯を元に戻したり、変色した歯を漂白する治療を行ったりするなど、歯を保存するための幅広い治療を行います。当院では、歯内療法のための最新技術を積極的に導入しています。

前歯だけ矯正したい、1~2本だけ動かしたい、気軽に目立つところだけ治療したい…といった方におすすめなのが前歯だけの部分矯正、「プチ矯正」です。前歯部分にのみブラケットを付けて歯並びを治します。全体の矯正に比べると、治療期間も短く、費用も抑えることができます。費用はブラケットの素材によって異なるため、お気軽にご相談ください。

ブライトニングとは、明度を上げることによって、明るく透明感のある歯へと導く治療法です。治療を歯科医師にお任せできる、短期間で効果を実感できる、というメリットがあります。しかし、歯の色や質によって、効果が得られにくい、もしくは効果が得られない、ということもあるので、まずはお気軽にご相談ください。

「治療でボロボロになった歯を治療したい」「歯と歯のすき間を埋めたい」などの悩みにおすすめなのが、セラミック治療です。大きな虫歯や壊れてしまった歯、隙間の空いた歯などを修復することができます。また、セラミック治療は、見た目の美しさだけでなく、治療後の虫歯の再発や金属アレルギーを防ぐこともできます。

当院では「YOSHIDA OPELASER PRO」を導入し、炭酸ガスレーザーによるハイクオリティな治療を実施しています。レーザー治療は一般的な切開はもちろん、抜歯後の処置や消炎処置、ガムピーリングなど、さまざまな場面に応用できます。レーザー治療は痛みが少なく、また従来の治療法に比べて回復が早い、無麻酔もしくは麻酔の使用量が少なくてすむ、というメリットがあります。